オランウータンの学術研究を支援する

日本オランウータンリサーチセンター

日本オランウータン・リサーチセンター(おらけん)は

日本オランウータン・リサーチセンター(おらけん)は学術研究の支援と普及啓発活動に取り組んでいます。
絶滅の危機に瀕するオランウータンの生態を解明し、オランウータンの魅力を多くの方に知っていただくために活動しています。

クラウドファンディング挑戦中!『オランウータンの父親さがし』(〜1/31)



2018年12月1日〜2019年1月31日クラウドファンディングに挑戦します

おらけんとして2年ぶり3度目のクラウドファンディングを行います。
今回は新しい研究テーマ『オランウータンの父親探し』のご支援をお願いしたく、挑戦することにしました。
ご支援いただいた皆様には、魅力的なリターンの数々を関係者一同で考えました。
ぜひ一度下記キャンペーンサイトをご覧いただき、わたしたちの研究を支えていただけないでしょうか。
よろしくおねがいします!

 



活動予定(講演会・イベント)

2018年12月1日(土) エンリッチメント大賞2018 表彰式・受賞者講演会にてブース出展します

日時:2018年12月1日(土) 13:30開会(予定)
場所東京大学 弥生講堂 一条ホール
(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部)

 

表彰式・受賞者講演会詳細へ→http://www.zoo-net.org/study/research/archive/20181201_detail.html

 

 

 

☆(参考写真)昨年SAGA20(犬山) でのブース出展の様子☆

活動予定(学会発表 等)

 

お知らせ

代表黒鳥の新刊本『東西ベルリン動物園大戦争 黒鳥英俊:監修』を紹介いたします

 

戦中・戦後を必死で生き抜いたベルリンの二つの動物園のノンフィクション。
ドイツ語原書を読んだ黒鳥が惚れ込み、このおもしろい本を是非日本で紹介したい!と切望・奔走しました。
その熱意が実った会心の1冊。
オランウータンの専門書ではありませんが動物園や動物に興味のある方にとても興味深い内容になっています。
黒鳥が章ごとに注釈した「動物園の歩き方」が遠い過去の遠い外国の動物園と現在日本の動物園とをつなぐ様も楽しめます。

 

【書名】東西ベルリン動物園大戦争
【著者】ヤーン・モーンハウプト
【監修】黒鳥英俊
【翻訳】赤坂桃子
【発行】CCCメディアハウス
【発売日】2018年9月1日

 

各書店、amazon等で好評発売中です。

 

どうぶつのくに 2018年10月号はスマトラオランウータンの特集です

 

どうぶつのくに 2018年10月号 VOL115は 「スマトラオランウータンと水品さん」特集です。
市川市動植物園のスマトラオランウータンのイーバン(写真)達と長年飼育にたずさわってきた水品飼育員さんの記事です。
事務局長の久世も「スマトラオランウータンの分類と生態」を寄稿しています。
レアなオランウータングッズや久世著「オランウータン(著者サイン本)」のプレゼント(応募10月末まで消印有効)もあります。
下記リンクよりWEB上で閲覧できます。ぜひご覧ください。

 

どうぶつのくにvol.115

 

新しいオランウータンの本がでました!

 

 

【書名】オランウータン−−森の哲人は子育ての達人

【著者】久世濃子
【発行】東京大学出版会
【発売日】2018年7月17日
【ISBN】978-4-13-063349-9
【体裁】四六判・縦組・ハードカバー・196ページ
【定価】本体価格3000円
【概要】子育ての達人――オランウータン.
アジアの熱帯雨林で暮らす「森の哲人」たちの究極の子育てを紹介.
長い時間をかけて,とても大切に子どもを育て上げる母親たちの育児から,
ひとりで生きていてもけっして孤立はしないユニークな社会がみえてくる.

 

【主要目次】
プロローグ アジアの隣人
第1章 無視された類人猿との出会い――動物園のオランウータン
第2章 動物園と野生のはざまで――半野生のオランウータン
第3章 森の哲人のすみか――野生のオランウータン
第4章 孤独だけど孤立しない――オランウータンの社会
第5章 究極の孤育て――オランウータンの子育て
第6章 オランウータンの現状と未来
エピローグ これからのオランウータン調査研究

 

Amazon等のオンライン書店で購入できます。
紀伊國屋などの大きな書店なら、科学(生物)コーナーに置いてある可能性があります。

 

2013年以降の、オランウータンに関する最新の研究成果も紹介していますので、ご覧になっていただければ幸いです。

 

Amazonへ
楽天ブックスへ

 

イベントなどのおらけんブースで販売することもあります。著書サイン会を行うこともあります。活動案内にてお知らせいたします。

 

動画ご紹介

先日横浜ズーラシアで開催されました『ズーラシア謎探アドベンチャー』の動画が公開されました。

 

【イベント動画】動物たちの楽園ズーラシアに眠るパームの実を探せ!

 

ズーラシア内を謎解きしながらゴールを目指す中でパームオイルと野生動物そして私達の生活の関係について学び、ゴールの後パームオイルについて楽しくレクチャーというイベントでした。
参加者の皆様の楽しそうな様子が印象的です。
また、パームオイルに関してとてもわかりやすく、楽しく解説されています。
是非一度ご覧いただき、また関心のある皆様にもこんな動画があるよとシェアしてくださいね!

 

2018年2月 論文刊行のお知らせ

 

理事の田島が執筆した論文が学術誌 PRIMATESに掲載されました。

 

ボルネオ島のセピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターで、どのようなオスが子どもを残しているのか、DNA親子鑑定と行動観察から明らかにしました。
今後は、ダナムバレイでも同じ手法で研究を進めます!

 

解説が下記サイトに掲載されております。是非ご覧ください。


弱いオランウータンの雄は第一子の父親になる −父子DNA鑑定で判明した弱い雄の繁殖戦術−

 

 

 

おらけんパンフレットをWEBでもご覧いただけるようにしました


 

2017年11月7日 山極先生、尾本先生の新刊にオランウータンの写真を提供しました。

 

11月7日に京大総長の山極先生と、東大名誉教授の尾本先生による対談本「日本の人類学が出版されました。
その中で両先生がオランウータンについて語る部分があり、当団体理事の田島が提供した写真が掲載されています。
また、当団体の久世・金森についても少しだけ言及がなされています。

 

ヒトの性・音楽・宗教から、東大京大の学風の違いまで、幅広いトピックを語った興味深い内容です。
ぜひお手にとってみてください。

 

『日本の人類学』 ちくま新書 ISBN: 4480071008

 

2017年11月 スマトラ・オランウータン、ボルネオ・オランウータンに次ぐ、第3の種としてオランウータンが報告されました。

新聞やニュースなどにもでていましたので、ご覧になったみなさまご関心が高いことかと思います。
新種報告に関して、事務局長の久世がブログに投稿しました。
新種報告に関する久世の記事へ。
わかりやすく解説しています、ぜひご参照ください。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
おらけんについて おらけんを支援する オランウータンについて 野生オランウータンの研究